てきとうニッキ

三十路の事務職OLが毎日を適当に綴ります

29歳のリアルワードローブ

私は29歳のOLです。大学卒業後、事務職としてずっと働いています(途中2回会社代わってますが…)。

まだ20代ということで、「若いね」と言われるのですが(特に男性)、正直やっぱり歳を取ったなーと思うんですよね。色んな面で。

その、「ああ、歳とったな…」と思うのがおしゃれです。今までは、好きな服はたいてい何でも着られました。似合うと思えました。でも今は、好きな服でも似合わない服はとことん似合いません。違和感があります。

好きなお洋服のお店の変遷

学生時代からシンプルベーシックな服装が好きでした。

大学生の時によく買っていたお洋服は、プーラフリーム、Rew de Rew、ロペ、ロペピクニック、テチチらへんでしょうか。JUNグループ系ばっかり買ってました。

社会人1年目からは、ロペ、ストロベリー・フィールズ、ユニバーバルミューズ、アナトリエ、Rubyrivetとちょっとフェミニン寄りに。高くてあんまり買えませんでしたが、いつかクローゼットの中身がお気に入りブランドでうまればいいなあって思ってました。私にとっては高いブランドばかりですので、日本製でちゃんとした生地じゃないと買わないという妙なこだわり発揮してました。

そして今、は、色々迷走してますが、とりあえず今季のセールはテチチのお洋服を沢山買ってます。テチチ割引率高すぎてもう定価で買う気が全然起きません…。

骨格診断とパーソナルカラー診断

私の診断結果は、パーソナルカラーはWinter、骨格診断はナチュラルです。

過去色々振り返ってみると、かなり納得がいく診断結果だと思ってます。これまで、ベージュのトレンチコートとベージュのクロップドパンツを何回か買ったのですが、どれも似合わなくて捨てた思い出が…。

ベージュのクロップドパンツは私が履くと股引にしか見えないのです。そこそこお値段がして、ラインがキレイなものを選んでも、なんか違う。トレンチコートも同じ。なんか違う。

今季、骨格診断を受けて、かなり熟考してguのワイドパンツを買って、やっと何で今まで買ったベージュのパンツが失敗だったかわかりました。今まで買ったパンツは、私には細身すぎで、丈が短すぎたみたいです。

ゆるーいお洋服が苦手なので、ついカッチリしたパンツに目が行きがちだったのですが、太め長めを選んだら解決しました。

今年はワイドパンツが流行りで選択肢が沢山あったのも良かったです。次にいつワイドパンツブームがくるかわからないから、気に入ったものがあれば買っておこうかなと思ってます。意外に普段売ってないんですよね、ワイドパンツ。

 

骨格診断とパーソナルカラー診断は、どちらも大丸で受けた簡易診断ですが、かなり参考になりました。冒頭でも書きましたが、今は好きな服でも似合わない服はとことん似合いません。でも、どういう服が似合うのか・似合わないのかを具現化するのは、なかなか難しいです。それを、骨格診断やパーソナルカラー診断を受けることで、明確なイメージを持つことが出来るようになりました。また、診断結果をきいて、ただそれを真正面から受け止めるのではなく、自分の好きなスタイルにどう近づけていくかが大事なのかな、と思います。

 

昨日、外出したので、大好きなストロベリー・フィールズの店頭を覗いてみました。「あ!かわいい」と思ったお洋服もありましたが、冷静に「これは似合わないな」とさっと伸ばした手を引けた自分にちょっと感動しました。

ストロベリー・フィールズは大好きだけど、よーくよーく考えて買わないと、今の私ではせっかくの大好きなお洋服も可愛く着てあげられないのです。それに気づけたので良かったです。

今の洋服選びのポイント

取りあえず、今は、お店で洋服を買う時は、袖丈が長め、ゆったりめ、を基準にしています。素材は、夏場はポリエステルやナイロンを着たくないので自然と麻か綿を選んでいるので問題なし。色はなるべく黄色みと濁りがある色を避けています。それを気をつけていれば結構何とかなるみたいです。