てきとうニッキ

三十路の事務職OLが毎日を適当に綴ります

2017年正月休みの過ごし方

 2017年になりました。

happy779.hateblo.jp

今年は12/30~1/5まで休みです。いつもより少しなぜか長め。

今年もエステにいきたいなーと思いつつも、意外にバタついて終わってしまいました。さみしくひとりぼっちの私を哀れんでか、友人が遊びに来てくれたので、友人とご飯食べに行ったり作ったり。せっかく2016年後半はゆるくダイエットに成功したのに、すぐに体重が戻った!笑 むしろオーバー!笑

 

2016年は、今振り返ってみると、前半から結構飛ばし気味だったのが後半になっていきなりアクセル踏みこんでギューン!!と過ぎ去った感じでした。

職場の男性から告白されたり、離婚したり、告白してくれた相手とデートは重ねるかもお付き合いには至らず、元夫とはたまに今でも食事に行くし、辞めた会社の人と再会したり、合コン行ってデートするも発展しなかったり、極めつけにクリスマスにお見合い相談所に入会しました(半ばヤケクソ)。

というわけで、2017年は婚活を中心に頑張っていきたいなあと思います。

 正直、離婚で傷ついた分、また、家庭を築きたいと思えるような人と出会えるんだろうか?とか、家庭とは?、家族とは?、とか色々思うところはあるんですけども…。

何も挑戦しないで、このまま時を過ごしたくないという気持ちが大きく、婚活するにも女性は早いほうが良かろうということで、社会勉強の一種というような気持ちで始めてみることにしました。お金もったいなかったなと思うことがないように(ある種投資ですから)、しっかり頑張りたいと思います。

 

どうして婚活するのか。どうして結婚が諦めきれないのか。色々、理由はあるのですけど、やっぱり子どもに対する未練が断ち切れないからだと思っています。

もともと、最初の結婚では、子どもがほしいと思って結婚したわけではありませんでした。私は家族仲が良くないこともあり、子どもがいる生活が幸せだと思えなかったんです。元夫と結婚したときも、子どもがいてもいいなと思ったけれど、いなかったらそれはそれでいいと思えました。だから結婚した。のですが…

結婚して、自分自身も何か変わったんでしょうか? 急に欲しくなっちゃったんですよね、子ども。そして、子どもは、ひとりでは作れないわけでして…。

26歳という年齢は、今思うと、決して結婚に遅い年齢ではない。はず。子どもだって、妊娠するチャンスはまだまだある。はず。でも、当時の私は色んなことに焦っていました。余裕が全然なかったんですよね。今思うと、仕事がずっと辛かったのかな、とか、実家にいるだけで心に余裕がなかったのかなと思います。

今は、今で、刻々と訪れる自分の老いにおびえてますけど笑、再婚や妊娠に31歳という年齢は遅くもないが若くもないので。仕事もまあそこそこ落ち着いてますし、実家のときのような神経のすり減らし方もなくなりました。それでもやっぱり、刻々と訪れる衰えと、それに対して何もしないでいることへの恐怖があります。もともと心配症ですし、わりとせっかちな性格なので。

結婚すること。家庭を作ること。子どもを産むこと。子どもを育てること。どれも、正直、答えがわからないのですが、何もしないことが恐怖。あの時、ああすればよかったと後悔することが恐怖。だからとりあえず動こうと思った次第です。あとはもう、動きながら考えるしかないかなあって。

転職活動を思い出しながら婚活も頑張ろうと思います!